抱えないようにするために行うこと

ストレスを溜めないようにする

確かに吐き気が起こった時に、それが長期間にわたり続いた場合プリンペランを服用すれば効き目はあると思います。だけど、プリンペランも薬なので、効果だけでなく副作用が起こることも理解しておかなくてはいけません。そのために、吐き気や胃の違和感が起こらないような日々の生活を意識しておくことが重要だと私は思っています。

 

ではどうしたら良いのかというと、やはりストレスの少ない生活を意識しておくことですね。

 

ストレスを抱えると、胃や腸に対して支障をきたすことで、吐き気だけでなく、癌に繋がることもわかっています。胃や腸はとてもストレスに弱い臓器ですから、善玉菌はストレスを抱えるとすぐに減り、当然、悪玉菌が幅を利かせるようになって、腸内環境は悪化します。ただ、朝の蠕動運動が鈍くなり、その結果として吐き気や痛み、便秘、下痢になどにつながります。

 

そのためにストレスを溜めない工夫をすることです。人間は睡眠中に日中の緊張をとき、ストレスを解消すると言われています。そういったことで、睡眠を当たり前のように行うことが重要になります。

 

日々のストレスは翌日に持ち越しますが、その日のうちに解消し、ぐっすり眠ることが、腸を強くするし、負担をかけないようにします。

 

まったくもってストレスが無くなることはありませんが、自分にあったリラックスのある日々を送り、睡眠を意識して取ることで、胃や腸に対しても負担をかけずにすみます。

 

毎日の積み重ねを行うことが重要になります。