からだを動かすことが大事

じっとするよりもからだを動かすこと

なにげないことでストレス解消を行い、胃や腸の活動を活発にすることは大切ですね。
まずは意識的に行うことが重要になるかと思います。

 

家事は大した消費エネルギーはないと思うのですが、けっこう意外なことなんですが消費エネルギーが高いもの。運動がてら取り組むと減量効果が得られるかと思う。尿酸値を下げたり、家事を行うことで、身の回りが綺麗になるために、うまく実感でき、徐々にたまっていたストレスが和らぎ、胃や腸がやわらぐ。

 

 

それから、室内の中でそうじをすることで、気持ちが集中するために嫌なことを考えない、これがイライラやストレスを上手く緩和することにつながる。

 

エアコンやテレビのリモコンを使わず、主電源を入れに行けば歩数が増えて消費エネルギーアップになったり、テレビまでの歩数など、たかが知れているのですが、このちょっとしたことが活力になる。

 

じっとしていると、嫌なことを考えたりすることが多い人間の仕組み、でも、たかが知れているようなこと、座って一歩もうごかないよりも、体を動かしてからエネルギーを消費することが重要。

 

こうしてこまめにからだを動かすことが大事。

 

自然にストレスが緩和される。
ちょっとしたことを、積み重ねていくことで、しぜんと吐き気や嘔吐、食欲不振が改善され、プリンペランを服用せずに自然と改善につながるかもしれません。