ニコチンやタールの影響

胃にも食道にも悪い影響

一昔前にと比較して喫煙の数はかなり減っていると言われていますが、それでもまだまだ吸う人はいます。
タバコは発がん性や胃、食道に悪影響を与えるために、健康を考えるならたばこをきっぱりと辞めるべき。

 

タバコにはニコチンやタールなどが含まれているために、毎日のように吸うことで、胃や食道、脳など、体に必要不可欠な臓器をムシバンデしまいます。

 

タバコに含まれるニコチンは、交感神経を緊張させ、胃の働きをコントロールする副交感神経の働きを抑えてしまう・・・。タバコを吸うと、胃の血流を著しく低下し、脳梗塞や心臓疾患、それから食道がん、肺がんなどにも関わってきます。

 

タバコはストレス解消に効き目があるために、吸い続けるという人もいますが、あくまでもタバコを吸うコトで、脳の神経の一部であるニコチン細胞が低下することで、タバコを求めてしまう。

 

結果的にたばこを吸ったところで、他のストレスは何も改善できていない、、。

 

タバコの場合は、メリットが少なく、デメリットが多いために、体のことを考えきっぱりと辞めることをお勧めします。