胃酸とストレス

一次治療と二次治療で薬が変わります

食欲不振や吐き気などの悩みが長期間続いている時にプリンペランを服用することで効き目を感じることができます。

 

薬物を利用する方法として一次治療として効き目があり、そのままある程度服用を続け、食欲不振や吐き気がおさまるのなら薬の服用を止めて様子を見ることが大事です。

 

それから、効き目が収まらない場合に2時両方に移ります。

 

プリンペランの場合は、一時治療で使われる医薬品で、他にはプロトンポンプ阻害薬などの胃酸分泌抑制薬が有ります。これはドラックストアーや医薬品でも処方されているロキソニンが一例です。
位の働きの異常が疑われる場合、運動機能改善薬で、リンペランやロキソニンが選択され、胃の知覚過敏が疑われる場合に、遺産による刺激を少しでも減らし、吐き気や胃痛、胸焼けに分泌され抑制作用が有ります。

 

治療を開始してから1週間でどれくらいの効果が有るのかが目安です。治療の効果を判定し、もし効き目が現れるのなら、一時服用を止めます。

 

改善が見られない場合に2次治領となり、抗不安薬や抗うつ薬につながります。胃の不調を訴えているのに、どうしてうつ病や抗うつ薬の薬なのかと思うのですが、これは胃酸の薬を服用しても効果がない場合は、ストレスが原因で起こっている可能性が高いからです。

 

そのために、脳の一部であるセロトニンやノルアドレナリンに作用する薬を服用し様子を見ます。病院によっては漢方薬を服用するところもあります。